ラグビーアイルランド代表はどんなチーム?特徴やイケメン選手を紹介|ラグビーワールドカップ2019日本大会

スポンサーリンク

こんにちは!2019ラグビーW杯で盛り上がっているアラフォー主婦のゆっこです!

ラグビーアイルランド代表は日本と同じプールAで、2019年9月28日(土)16:15~に静岡の小笠山総合運動公園エコパスタジアムで対戦します。

日本と対戦するアイルランドってどんなチームなのか特徴や、アイルランドのイケメン選手などをご紹介します!

スポンサーリンク

ラグビーアイルランド代表の特徴

ラグビーアイルランド代表のランキング・W杯での成績

  • ラグビー世界ランキング:第3位(2019年7月最新)
  • W杯出場回数:9大会中連続9度目の出場
  • W杯の最高成績:ベスト8
    • 1987年 – ベスト8
    • 1991年 – ベスト8
    • 1995年 – ベスト8
    • 1999年 – プール戦敗退
    • 2003年 – ベスト8
    • 2007年 – プール戦敗退
    • 2011年 – ベスト8
    • 2015年 – ベスト8

と、ベスト8、準々決勝にはほぼ残る強豪チームとなっています。

アイルランド代表チームは、W杯では優勝こそしていませんが、2018年の欧州6ヶ国対抗(シックス・ネイションズ)で1985年以来24年ぶり優勝、秋のテストマッチでは王者ニュージーランドに勝利する、など2019年日本大会では優勝候補の一角と注目されています。

アイルランドはかなり強い!ですが、対する日本には頑張ってほしいところですね。

アイルランド代表のプレー「魂のラグビー」

アイルランド代表のラグビーの代名詞として言われるのが、「魂のラグビー」。

ハイパントを蹴り上げ、猛然と追いかけ相手を潰してチャンスを作る戦術がアイルランド代表の伝統的なスタイルで、強豪国の中では比較的体が小さく、全員で前へ進む、ひたむきなプレーをすることから「魂のラグビー」と評されることが多いです。

※ハイパントとはラグビーにおいて味方に球が回せない時などに球を高く蹴り上げること

ハイパントは、敵ボールにもなりやすい為、ボールを取りにいく勇気が必要なんだそうです。まさに、魂のラグビーですね。

ラグビーアイルランド代表のユニフォーム

ラグビーアイルランドのエンブレムはシャムロック

ラグビーアイルランドのエンブレムは、シャムロックのマーク。「シャムロック (Shamrock)」 はアイルランドの国花であり、日本では「シロツメグサ」「クローバー」と呼ばれています。

Twitterなどでは日本の国民的アニメの主人公に似ていないか?などとも(^_^;)

スポンサーリンク

ラグビーアイルランドのイケメン選手

それではアイルランドのイケメン選手をご紹介します。

ロブ・カーニー FB(フルバック)

アイルランドのフルバック、ロブ・カーニー(Rob Kearney)
生年月日:1986/03/26 33歳
身長/体重:185cm/95kg
ポジション:フルバック
所属:レンスター

2011-12シーズン欧州最優秀選手でもあります。

スポンサーリンク

W杯2019でのアイルランドの代表メンバーは?

ラグビーワールドカップ2019日本大会での、アイルランドの代表候補選手44名(FW:24/BK:20)が発表されています。

アイルランド代表には、2018年のワールドラグビー・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(年間世界最優秀選手)であり、現在のところ世界最高のSOと呼ばれる、ジョナサン・セクストン選手がいます。

そのほか、アイルランドのキャプテンでHO(フッカー) ローリー・ベスト。

 

SH コナー・マレー

アイルランド代表 FW(フォワード):24人

【PR】(プロップ)
キアン・ヒーリー (レンスター) 88 caps ※ 2015年大会出場
ジャック・マグラス (レンスター) 54 caps ※ 2015年大会出場
タイグ・ファーロング (レンスター) 33 caps ※ 2015年大会出場
デイヴ・キルコイン (マンスター)29 caps
ジョン・ライアン(マンスター) 18 caps
アンドリュー・ポーター(レンスター) 14 caps
フィンレイ・ビーラム(コナート) 9 caps

【HO】(フッカー)
ローリー・ベスト(アルスター) 117 caps ※ 2015年大会出場
ショーン・クローニン(レンスター) 68 caps ※ 2015年大会出場
ナイル・スカネル(マンスター) 14 caps
ロブ・ハーリング(アルスター) 7 caps

【LO】(ロック)
デヴィン・トナー(レンスター) 64 caps ※ 2015年大会出場
イアン・ヘンダーソン(アルスター) 44 caps ※ 2015年大会出場
ジェームズ・ライアン(レンスター) 17 caps
アルタン・ディラン(コナート) 14 caps
タイグ・バーン(マンスター) 5 caps
ジャン・クレイン(マンスター) 0 cap

【FL/NO8】(フランカー/ナンバーエイト)
ピーター・オマホニー(マンスター) 57 caps ※ 2015年大会出場
CJ・スタンダー(マンスター) 31 caps
ジョルディ・マーフィー(アルスター) 27 caps ※ 2015年大会出場
リース・ラドック(レンスター) 21 caps ※ 2015年大会出場
ジョシュ・ファンダーフリヤー(レンスター) 17 caps
ジャック・コナン(レンスター) 14 caps
トミー・オドネル(マンスター) 12 caps

BK(バックス):20人

【SH】(スクラムハーフ)
コナー・マレー(マンスター) 72 caps ※ 2015年大会出場
キアラン・マーミオン(コナート) 25 caps
ルーク・マグラー(レンスター) 10 caps
ジョン・コーニー(アルスター) 8 caps

【SO】(スタンドオフ)
ジョナサン・セクストン(レンスター) 83 caps ※ 2015年大会出場
ジョイ・カーベリー(マンスター) 18 caps
ジャック・カーティー(コナート) 3 caps
ロス・バーン(レンスター) 2 caps

【CTB】(センタースリークォーターバック)
ロビー・ヘンショー(レンスター) 37 caps ※ 2015年大会出場
ギャリー・リングローズ(レンスター) 20 caps
バンディー・アキ(コナート) 17 caps
クリス・ファレル(マンスター) 5 caps
ローリー・スキャネル(マンスター) 3 caps

【WTB】(ウイングスリークォーターバッグ)
キース・アールズ(マンスター) 77 caps ※ 2015年大会出場
ジェイコブ・ストックデール(アルスター) 19 caps
デイヴ・カーニー(レンスター) 17 caps ※ 2015年大会出場
アンドリュー・コンウェイ(マンスター) 12 caps

【FB】(フルバック)
ジョーダン・ラーモー(レンスター) 13 caps
ロブ・カーニー(レンスター) 90 caps ※ 2015年大会出場
マイク・ヘイリー(マンスター) 0 cap

参考: 日本と対戦するアイルランドがW杯代表候補発表 注目は初招集の南ア出身大型LO | ラグビーリパブリック

 

アイルランド代表の監督は、世界最優秀コーチ

アイルランド代表の監督(ヘッドコーチ)は、ジョー・シュミット(Josef Schmidt)氏。

ニュージーランド生まれで、現役時代はWTB(ウィング)、州代表選手権(NPC)のマナワツ代表でプレー。ハイスクールの英語教諭のかたわら、ラグビーチームを指導し、2年連続でニュージーランド高校学校選手権大会4強に育て上げるなど指導者としての実績を残し、プロ指導者へ。

アイルランド2013年にアイルランド代表の監督に就任すると、アイルランド代表チームを6カ国対抗2連覇に導き、2018年の年間最優秀コーチに選ばれた名将です。

アイルランド代表HC JOE SCHMIDT メッセージ (RWC2019組織委提供)
スポンサーリンク

アイルランドでのラグビーの人気は?

アイルランドではサッカーと共にラグビーも人気の高いスポーツです。

アイルランド代表は、アイルランドが南北にわかれた歴史もあって、ナショナルチームとして、アイルランド共和国と北アイルランドから選手が選出されます。

サポーター同士の絆も強く、熱狂的な応援で有名です。

アイルランド国家ではなくラグビーナショナルチーム用の歌が歌われる

なお、以上のような背景から、以前はアイルランド共和国の国家を使用していましたが、1995年のW杯を機にラグビーナショナルチーム用の歌「Ireland’s Call」が作られました。

試合開始前の国歌斉唱では、「Ireland’s Call」が流されます。(共和国ホームでは国家も流されます)

アイルランドラグビーアンセム(Ireland's call)
スポンサーリンク

アイルランドのラグビーワールドカップ過去の試合など

アイルランド代表のラグビーW杯2015のハイライト動画

Ireland's best Rugby World Cup 2015 moments

過去のラグビー アイルランドと日本の対戦成績

そんな優勝候補筆頭のアイルランド代表ですが、日本代表との過去の対戦成績はこちらです。

試合日スコア場所
1985年5月日本 13-48 アイルランド大阪・長居スタジアム
1985年6月日本 15-33 アイルランド東京・秩父宮ラグビー場
1991年10月日本 16-32 アイルランドアイルランド・ランズダウンロード
1995年5月日本 28-50 アイルランド南アフリカ・フリーステイトスタジアム
2000年11月日本 9-78 アイルランドアイルランド・ランズダウンロード
2005年6月日本 12-44 アイルランド大阪・長居スタジアム
2005年6月日本 18-47 アイルランド東京・秩父宮ラグビー場
2017年6月日本 22‐50 アイルランド静岡・エコパスタジアム
2017年6月日本 13‐35 アイルランド東京・味の素スタジアム

通算対戦成績は日本の9戦全敗となります…。アイルランドはやっぱり強い!

スポンサーリンク

アイルランドの試合日程

ラグビーW杯2019 Japan アイルランド試合日程

日程開始時間対戦カード予選プール試合会場
9/22(日)16:45アイルランド vs スコットランドプールA横浜国際総合競技場
9/28(土)16:15日本 v アイルランドプールA小笠山総合運動公園エコパスタジアム
10/3(木)19:15アイルランド v ロシアプールA神戸市御崎公園球技場
10/12(土)19:45アイルランド v サモアプールA東平尾公園博多の森球技場

日本との対戦は、2戦目になります。

スポンサーリンク

ラグビーW杯2019 アイルランド代表まとめ

日本と同じプールAである、アイルランド代表の情報をまとめてみました。

以前から強豪国でありましたが、今大会は優勝候補筆頭ということで、アイルランドのカードは見逃せないものになりそうです。

ワールドカップでは日本も頑張ってほしいですね!

ラグビーワールドカップ2019 日本大会 予選プール組み合わせ

プールA

出場国世界ランキング
アイルランド(IRE)3位
スコットランド(SCO)7位
日本(JPN)11位
ロシア(RUS)20位
サモア(SAM)16位

※世界ランキングは2019/7/31時点の情報です。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました